猫の爪痕無かったことに?!抑えるべきポイントとは?

柱に猫の爪痕ー全部無かったことにする方法とは?③

お待たせしましたーポイントの説明

最近になってー

幾度もこの修理をしていくうちに、気になる点が出てきたんです。

それは、

砥の粉を塗り込んだ部分がうっすら浮いているように感じることです。

多分わたしが好んで使っているオイルステインの色が若干濃いめだからでしょう。

なので余計に目立っているように感じてしまうのです。

遠目で見たら分からないのですが、近づくとどうしても気になります。

そこでー

砥の粉に色、付けてみる?!

しばらく何か良い方法が無いものかと思っていたところ、

ふと思いついたのが「色混ぜ」です。

そもそも砥の粉と言うのは砥石の粉末で、着色にも使われるものだそうなので、色を混ぜても大丈夫だと思ったのです!

丁度、わたしが最初から使っているオイルステインも水生のものですし、この二つを混ぜて、深い色の泥を塗りこめば、浮いてくることも無いだろう!と思って。

早速やってみたところ大成功!

しっかり馴染みました。

なんでも考えて調べてトライしてみるものですね!

綺麗になった柱を見ては日々大満足しています。

頻度はどれくらい?

今は、月に2,3回くらいです。

毎回砥の粉で埋めるのではなく、気になる爪痕にオイルステインで塗るだけで作業完了です。

小さな筆でササッとステイン塗り込みます。

直しが早いので、そこまで手間取らずいい感じです。

たとえ猫が飛んでもはねても、

「直せるから大丈夫だよ」

というおおらかな気持ちで見守ることも出来ています♪

とは言え、

そうこうしながら、段々年老いてきた愛猫は、そこまで興奮する頻度も減ったようにも感じます。

嬉しいやら切ないやら・・・。

 薄いステインを使うとしたら?

もし木の色が薄くて、薄めのステインを使うとしたがそこまで色を気にすることは無いかも知れません。

ただ、砥の粉の粉が余計な部分に残らないようにしっかりと拭き取ることがとても重要になってきます。

そうしないと、乾いた時に泥汚れの様になってしまうからです。

それぞれのお家の雰囲気もありますし、木の色はこだわりがあると思うので、工夫しながら試してみてくださればと思います。

その他にどんな工夫を?対策を?

あまりにも猫ちゃんが柱や扉に飛びつくようでしたら、

いつも猫が走って向かっていく角度で工夫できます。

柱下にクッションを立てかけておく、

またはゴミ箱や観葉植物を置いておくと、息をくじくようです。

それも何だかとは思いますが・・。

障害物的な役割です。

だからこそ心置きなく爪とぎのできる場所を幾つか作ってあげるのも大切ですよね。

そこに向かって研いでいる姿は生き生きとしていますので褒めてあげましょう♡
犬&猫のペット用品店【ペッツデポタウン】

穏やかに猫と暮らすには工夫は付き物ですが、幸せも見つけます。

古い我が家、どちらも大切にしてゆきたいものです。

愛猫の話は尽きませんね・・・

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




レクタングル(大)広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告