うちの水出しコーヒーに火や道具はほとんど要りません。 必要なのはお茶のパックと時間だけ。

ダッチorコールドブリュー?家で簡単に作ろう!

ダッチコーヒー?

以前、隠れ家的な喫茶店でアルバイトをしていた時、その店の「水出しコーヒー」が絶品だったことを時々思い出します。専用の器具もあってガラス製でとてもきれいでした。呼び名は「ダッチ珈琲」でしたけどね。

わたしは普段、体をあまり冷やしたくないので、珈琲は夏でも出来るだけホットにしているのですが、ゆっくりと家で仕事が出来そうな日は、前の晩から水出しコーヒーを仕込んでおくと幸せな気分になります。

「コールドブリュー」どこから?

水出しコーヒーって、最近では「コールドブリュー」なんて呼ばれているんですね。すっかり世間に乗り遅れていました。何年か前から世に出ている呼び名だそうです。この呼び名、スタバ(最近行ってないな・・・)から流行ったとも言われています。

「ダッチ(オランダ)コーヒー」「コールドブリュー」どちらもゆっくり時間をかけて抽出する水出しコーヒーですが、どちらの呼び名もかっこいいですよね。

気の置けない作り方

うちの水出しコーヒーに火や道具はほとんど要りません。必要なのはお茶のパック時間だけ。家事も済んで本も読んで、さて寝ようかって時に、おもむろに豆を挽くしあわせな真夏の夜中。気に入った古いミルでジャリジャリするのも良いものです。

本当はそんな感じで引いた豆を、美味しい水とクルクルと混ぜて一晩ーーーそして朝にゆっくり濾す・・・みたいなのが理想かも知れませんが、わたしは面倒なので、お茶用のパックには珈琲の粉を入れ、それをガラスのピッチャーにポトン。

そこに氷をたくさん水をそそいで冷蔵庫ーという形です。

一晩おくと?

もう本当にさっぱりとした味です。油分もあまり出ていませんし、苦みもないし、すっきりしたコーヒーになります。サイコーです!時には水にこだわるのも贅沢でいいですね。

本当に珈琲~!っていう日は、ポコポコとホットで入れて愉しみますが、夏の、しかも真夏の、うだるような暑い日にはこんな水出しコーヒーがグッとくる、そんなこの頃です。

ただ一つ注意点ー

コーヒーは利尿作用があるので、熱中症対策にはなりません。なので別の形で水分を摂るよう心掛けなければいけませんね。ご注意あれ。

あ、これお店で見つけました。

可愛かったです・・・

by カエレバ

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




レクタングル(大)広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告