超簡単!ラインスタンプの下書きからアプリで読み込み配置、なんと5秒でできる?!

【超簡単ラインスタンプ作成①】ラインスタンプが作りたい♪必要なのはアプリと紙とペンだけ?!

我流のご紹介なので、他の方はまた違った作り方や、別のアプリで作成すると思いますが、自分に合った方法で、楽しんで作ってみてくださいね!

ツールに関してはコチラ↓参考:「え?これだけで?・・・」

わたしもそうでしたけど、lineスタンプを作りたくても・・・作り方面倒くさそうとか、パソコンのソフトが必要なんでしょ?なんてしり込みしている方って意外に多いと思います。結論から言うと、今はアプリという素晴らしいツールが無料または数百円で手に入るので、簡単にスタンプが作れるんです!!しかも、その多くがlineスタンプ様に整えられているアプリです!そのなかで私が使っているアプリはコレだけ。

何はともあれまず下書きからスタート!

チラシの裏でも大学ノートでもどんな紙でもノートでも大丈夫です。

紙とペンを用意したら、鉛筆もしくは最近流行の消えるペンで、

鼻歌でも歌いながら好きなキャラクターを書いていきます。

結局、猫や犬、ウサギやクマなどが、人気があると言われています・・・

そんな気、しますよね。

だからそれらは、多くのプロアマイラストレーターさんが書き倒してはいますが、最初は何も考えずに自分の得意なキャラクターから始めるのが楽しめて良いと思います。

まずは楽しく始めるのが成功の秘訣ですよね~♪

出来上がったら、スクリーンショットしておきます!!忘れすに。

下書きが終わったらアイビスペイントの最初にページをセット!

下書きが終わったら、入手しておいたアイビスペイントを開き、マイギャラリーをタップ。

わたしはiPadで作業していますので、iPhoneの場合はアイビスペイントのHPが見やすいかも知れません。基本は同じです。

アイビスペイントのHP 「作品作成開始」

http://ibispaint.com/lecture/index.jsp?no=03

右上の+マークをタップしたら下のように種類が選択できるようになっています。

「LINEスタンプ」と出ているので、そこをタップ。

すると、真っ白な画面が出てきます。

これでセット完了、簡単でしょう?

上の写真のように、サイズ調整可能なので、メイン画像以外はここでサイズを作ることが出来ます。

LINEクリエイターズマーケットのガイドライン https://creator.line.me/ja/guideline/sticker/

セット出来たら下書きを配置!

マイギャラリーをセット出来たら、真っ新のページの右下の1⃣をタップ。

そこで、背景を必ず透過(PNG)に設定(忘却防止のため)してから

カメラマークを押します。

すると、自分のアルバムが出るので、その中から先ほど写した下書きを選択。

選んだその場で拡大・縮小できます。

大きさが決まったら右下の緑のチェックをタップします。

そこで、線画抽出行いますか?と問われますが、キャンセルをタップします。

ここまでで、多分レイヤーの2に下絵が入っていると思いますが、

下絵はドラッグして1に持ってきておくと後々作業がし易いですよ。

※ドラッグするとは、

タップしたところが少し浮くイメージで、ひょいと下に移動させることです。

あえて言うなら「昔懐かし並べ替えパズルゲーム」の様な感じです・・・違いますかね(笑)

そして最後に、右下の不透明度を半分くらいにセットしたら、準備完了!!

文字で読むと難しそうに感じるかもしれませんが、実際やってみると5秒くらいで出来る作業なので超簡単です!!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




レクタングル(大)広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告